オーストラリア オーストラリア生活

メルボルン不動産博覧会行ったけど参加品だけもらってきたという話

更新日:

毎年のように住宅価格が上がるメルボルン。将来の住宅購入も見据え不動産博覧会に行ってきました。

こんな大々的な広告もQVに出したりと結構本気のようです。見るからに華人向けですね。

参加企業は20社強。予想はしてましたが9割以上は中華系企業。ほぼ会場全体中国語でした。でも意外?にも3割ぐらい非中華系の参加者の方々もいました。しかし資料はすべて中国語なので運営側は説明に四苦八苦してました笑

私たちはというと、参加の主なる目的は参加品ゲット笑。この文章を見たら行かざるを得ません。目論見通り各企業が参加者個人情報欲しさに参加品大盤振る舞いですよ!

とりあえず入り口で博覧会バッグをゲット。

いたるところでルーレットやらくじ引きやらやってます。

犬もゲット。無料の水もゲット。

謎のキャラもいました。

でもこの博覧会大丈夫なんでしょうか・・・会場は結構な大きさなんですが、4分の1はすっからかん。さらに後ろ半分のスペースはサムソナイトの特売会。あまり不動産関係ないですよね・・・でも参加者の方々は結構な良の資料をもらってたのでそれを運ぶためかスーツケースを買っていたという。確かに全モデル50%引きぐらいだったので悪くないセールですね。でも不動産エキスポでやる必要はあったのだろうか。

会場では偶然エキスポに参加している友人にも出会い、楽しく過ごしました。でも東南部で探していた不動産を扱っていた企業が見つからなかったのは少し残念。根気よくRealestate.com.auやプライベートセールを探せということでしょうか:(

-オーストラリア, オーストラリア生活

Copyright© KEI'S BLOG , 2018 All Rights Reserved.