中国語

今後日本人の中国への出稼ぎ人口が急増 英語中国語はやっておこう

更新日:

割と本気です

私は現在オーストラリアで出稼ぎ労働者です。

オーストラリアにいるとひしひしと感じますが、華人はお金持ちです。

ただの金持ちではありませんよ?資産が1桁2桁違います。

彼らはオーストラリアの住宅はリーズナブルといいます。ちなみにメルボルンの平均住宅価格は8000万~1億です。

そういって普通に1億2億する家をどんどん買っていきます。その結果オーストラリアの住宅価格は10年で2倍近くになりました。

例えば深センに行くとわかりますが、住宅価格は普通に1億とかします。むしろ1億ではまともなところは買えないですね。

中国人の持ち家信仰もあり、住宅価格は急上昇。結果オーストラリアはもちろんとして日本の住宅なんかは激安なんです。

日中の交流がますます増えます

現在日本にはたくさんの移民の方が働いています。

それと同じことが今後中国でも起きます。

みなお金はもっとほしいですよね、もっと待遇が良いところに行きたいですよね。

現在年収500万円だとして、もし中国企業が1000万円提示してきたらどうしますか?

技術流出など大した問題ではありません。それは国同士・企業同士の争いであって個人レベルで影響することなど微々たるもの。むしろ自分自身の技術を売っていかないといけないぐらいです。

また中国がもっと豊かになると、日本の住宅を爆買いするでしょう。安いですから。

人口減少で空き家率が上がる中価格は下落する一方。安全と安全な水が手に入る日本にて中国人が日本の土地を買わない理由はないです。

中国国内では、日本流のおもてなしを生かした看護サービスなどがますます活況になるでしょう。日本人ならではの特技を生かした職業ですね。

こういったことから、今後はますます中国人は日本で買い物を続け、日本人は中国でお金を稼ぐ様式が形成されるでしょう。

中国の急成長

オーストラリアで大学を卒業した中国人留学生は、以前ではそのまま永住目的で滞在するのが目的でした。中国と比較して安全ですし給料も安定しています。

今は違います。

ますます多くの学生が卒業後中国に帰国して起業などをしています。

留学先で学んだ知識経験やコネを利用し、すでにオーストラリアなど先進国と比較してもそん色ない給料を受け取っています。

現在中国では海外留学帰りの人であふれています。

そのなかでも熾烈な競争があります。そういった人たちとまともに戦っても、日本でのんびりした人に勝ち目はないというわけです。

成長の度合いが違いすぎるわけです。

日中逆転

私が子供だった時は日本はアジア一の大国でした。

いまだにそう思っている人が多いですが、これは間違いです。

中国の中間層は日本の平均的な人より資産持ってます(ソースありません、感覚です)。

中間層だけで1億人以上いるので、すでに規模で負けていますね。日本とはいつのまにか逆転していました。

親中でも嫌中でもありません

私は国自体が好きかどうかというのはありません。興味がないからです。

私が興味あるのは今後発展性があるかどうか。

私はオーストラリアに今住んでいますが、毎日とてもつまらないです。いい意味でいえばのんびりしていますね。

しかし中国では毎回訪れるたびに変化しています。変化のスピードが日本と十倍くらい違います

これは十倍のチャンスがあるともいえます。

出稼ぎ大国になる日は遠くない

日本にいてもこれ以上給料が増えることはないでしょう。

社会全体を支えるための出費が増える一方、収入は増えません。

ということは会社に期待していてはいけないということです。

外国語ができれば海外とビジネスを始められます。中国語は外国語の一つで、近隣国なので取引の機会はあるでしょう。

日本人にとって一番簡単な外国語

漢字で書けば伝わるんですよ?

日本人にとって中国語以上に簡単かつ有用な言語は存在しません

英語?できて当然です。そんなに難しいことを話せる必要はありませんよ。相手の言っていることがわかって自分の言いたいことを伝えられればそれで十分です。

それ以上を極めたい人はかってにやってください。それは必要不可欠ではありませんので。

会話さえできればいいのです。

中国語学習で必要なのは文法と漢字の発音を覚えるくらいです。

これで十分会話は成り立ちます。言語マスターになる必要はありません

英語が重要といいますが、中国人と英語で話すんですか?彼らは今後ますます私たちのお客さんになっていくんですよ?中国語で話しましょう

中国破たん論

よく出ますね。おそらくいつかは破たんするでしょう。どんな国でもそうです。

だからといって中国語を学ばない理由はありません。

中国人・華人は中国にいるだけではありません

オーストラリアの中華人口は大体100万人人口の5%ですね。今後さらに拡大します。

オーストラリアで中国語が実質第二言語になる日も遠くありません。すでにいくつもチャイナタウンが形成されています。

同じようなことが今後世界規模で加速します。

これは別に脅威でもなんでもなく、そういうものです。彼らが犯罪を犯しているわけではありません。

同じようなことが今後日本でも起こるでしょう。

もう一回言います。中国語やっておきましょう。英語と同様世界中どこでも使えますから。

自分のセールスポイントがないと今後ジリ貧

有名企業に働いているからといって今後安全な保障はどこにもありません。

自分に売りがないと、誰も振り向いてくれない時代が迫っています

英語はできて当然です。中国語もできて当然です。私は日々勉強してます。

来るべき日に備え、毎日準備しましょう。

-中国語

Copyright© KEI'S BLOG , 2018 All Rights Reserved.