オーストラリア オーストラリア生活

代购(代購)とは - 代理購入ビジネス最前線のメルボルンにて

更新日:

代理購入ビジネス

おびただしい数の商品の山。これらはメルボルン住民が使うものではなく、すべて海外に発送する専用の商品です。現在メルボルンにはこのような中国人経営のお店で溢れています。中国への発送業者も市内に何店もあります。彼らが行っているのは代理購入、華人の間では「代购」と呼ばれています。

凄まじい数のダンボールです。この中に商品を入れて発送するんですね。これが結構な市場になっていまして、本格的に代购をやっている方の中には年間1000万円以上の利益を得るのも珍しくないとか。本業のフルタイムよりも稼いでいる人もいるみたいですね。友人に聞いた話ですが、ミルクパウダー1缶を中華圏、中国などに送るだけで5000円程度の利益を得ることができるそうです。実際に以前私が中国に行った際にオーストラリア産のミルクパウダーが2倍以上の価格で販売していたので、あながち間違っていないかもしれません。

どんなものを取り扱っているのか

基本的にはオーストラリア産のもの、続いて韓国・日本の商品を扱っています。特にオーストラリア産のミルクパウダーは人気が高く。またオーストラリア産のサプリメントも大人気。ある時ドラッグストアがセールを行った際、店外まで大きな行列ができました。その中のほとんど全員が華人のようでした。また韓国・日本の商品も人気があります。化粧品を始め、ベビー用品などありとあらゆる商品を揃えています。

日本からの代购商品を取り扱うお店も

華人の間で日本製商品、特に化粧品は絶大な信頼があります。私の友人を例にとっても、日本価格の2倍を超えるようなものを平気でいくつも買っていきます。

オーストラリアに住む華人の間でも日本旅行は非常に人気がありますが、一度旅行となれば大量の化粧品を持ち帰ってくることは珍しくありません。一定の需要があるためビジネスが成り立つんですね。

ミルクパウダー不足が社会問題に

オーストラリアの人口は2000万ですが、中国には10億人を超える人々が住んでいます。経済発展が進むにつれ、購買力も大きく上昇しました。安くていいものから高くても良いものを買う、または買えるようになったのです。

その結果、オーストラリアでは華人のミルクパウダーの爆買いが起きているのです。日本でも観光客の爆買いは見慣れたものですが、オーストラリアの規模を考慮すると、彼ら代购者の購買能力がそれを大きく凌駕しているようです。現地の人が欲しくてもミルクパウダーが買えない状況が社会問題になりつつあります。以前香港でも似たような問題が起きましたね。あるスーパーでは1人ミルクパウダー2缶までの制限をかけているようです。しかし彼らが複数人で来れば止めることができません。

規模が大きい

今までも代购は細々と行われていたのだと思います。しかし現在は移民の急増により代购自体が巨大なビジネスになってしまいました。今後この勢いが止まらなくなれば、オーストラリアに暮らす私達の生活に直接影響を与えかねませんね:(

-オーストラリア, オーストラリア生活

Copyright© KEI'S BLOG , 2018 All Rights Reserved.