オーストラリア オーストラリア生活

メルボルンの中華系レストランは夜遊びの救世主

更新日:

基本閉まるの早いです

メルボルンのお店は基本閉まるのが早いです。バーなどでなければ大抵9時までには閉まってしまいますね。でもその時間でも市内には結構な人が残ってるんです。大抵の人は当てもなくフラフラ散策。

そんな深夜遅くに助かるのが中華レストランです!大抵10時までやっている店もチラホラ。老舗のCHINA BARは24時間営業です。またBox Hillにオープンしたマーラータンは毎日深夜12時までオープンと、夜遅くまで営業してるんですよ。比較的価格が安く味のクオリティも保証される中華レストランは本当に深夜難民の救世主ですね!

皆がお酒飲むわけじゃない

バーなどでの飲み屋はもちろん遅くまで開いてるんですが、皆さん全員が飲みたいわけじゃないですからね。私の場合も、妻が全く飲まないのでクラブに行くことはあってもバーはありません。中華レストランはこういう人たちの終着地でもあるんです。

スイーツもあるよ

またレストランだけではありません。台湾デザートなど、中華系スイーツショップも結構遅くまでやってます。有名な店舗ですとDessert Kitchen。日本人にも合うスイーツばかりで妻とともに一押しのお店です!またメニューが謎の日本語で書かれているのが熱いです笑 チャイナタウンのメインストリートから一ブロック歩いたところにあります。

夜遊びの救世主

人件費の高さからか、メルボルンでは週末であっても夜遅くまで営業するお店は多くありません。労働者が守られているというか、夜遅くなったら早く家に帰れと言っているのかわかりませんが、せっかく市内に来たら遅くまで遊びたい日もありますよね。夜10時以降など遅く到着した場合は中華系レストランを探すと意外と開いているかもしれませんよ:)

-オーストラリア, オーストラリア生活

Copyright© KEI'S BLOG , 2018 All Rights Reserved.