オーストラリア生活

意識高い系はオーストラリア来ないほうがいい のんびりした人向け

投稿日:

タイトル通りです

オーストラリア (メルボルンだけ?)はすごくのんびりしてます。

なにからなにまで。ぜんぶ。

向上心というものはあまりありません。

今がよければ良い感じです。

何をやるにも遅い

とにかくのんびりしてます。

以前携帯電話のSIM契約をしたときに開通まで2週間かかりました。

その間カスタマーセンターに電話した回数数知れず。

スタッフの人も何が問題かわからなかったみたい。

何度電話しても状況変わらず同じ回答だったので、放置しました。

そしたら数日後気づいたらそのSIMつながってた。

もう怒り通り越して笑っちゃいました。

これがオーストラリアなんですね。

こんな小さいことで起こってたらダメなんです。

意識高いと面食らう

私も昔は意識高い系でした。

オーストラリアの大学院を出て海外移住しよう!

そんなことを思いつつ勉強していた日々が懐かしいです。

しかしオーストラリアに来て半年もたつとこっちののんびりしたペースにはまってしまいました。

なんせ自分が急いでもほかの人は急いでくれません。

同調圧力が全然ないんでしょうね。多民族国家でみなそれぞれ自分の常識をもってます。

私の職場でも終了時間になったらみな速攻で帰ります。

一分後には誰もいません。

日本だと考えられないですよね。

労働者の権利が強すぎ!

これがアメリカとかイギリスだったらまた違うのかな?

今の生活が好き

以前は細かいことにも気を配ってましたが、オーストラリアに来て5年。

気を配っても誰も気にしないことに気が付きました。

妻も日本人じゃないので、あまり強要しても悪いと思い、自重してます。

だんだん体中がオーストラリア化してきている日々です。

妻には豚と呼ばれてますから。ははは。

といいつつも昨日は自宅火鍋しました。やっぱおいしい。

のんびりした人向けの国

意識高かったり、キャリアアップに燃えてたり、最先端の技術に触れたかったり。

そういう方にとってはオーストラリア(もしかしてメルボルンだけ?)はつまらなく感じるかもしれません。

日本のように誰かにせかされて生きる国ではありません。

自分のペースを保てる場所です。

-オーストラリア生活

Copyright© KEI'S BLOG , 2018 All Rights Reserved.